姉妹サイト「なぎさひろい飼育日記」はココをタップ

自然魅力発見!生き残るためには甘え上手になれ!?

目次

ペンギンクイズ「ガラパゴスペンギンの変わった習性ってなんだ!?」答え合わせ

[getpost id=”6601″]
ガラパゴスに生息するペンギンの
変わった習性とはな~んだ?

答えは・・・④
1人前になっても親のすねをかじって餌をねだる。

なんと、親のすねをかじるのは
人間だけだと思っていたら
そうでもないみたいですね。(* ´艸`)クスクス

雛(ひな)のように食べ物をおねだり

ガラパゴスペンギンは
孵化後60日で巣立つのですが、
すねかじりの子は親の巣の近くを離れず、
親が餌を捕りに出掛けると浜辺で待機をします。
そして、親が海から帰ってきたら
雛(ひな)の頃に覚えた甘え方で餌をねだります。

すねをかじるのは“生き残るため”

なんで親のすねをかじるんだろう?
それには深いわけがありました。
子ペンギンは親が狩りに行くたびに、
毎回餌をねだるわけではなく、

気候変動の影響で餌が不漁の時があり、
このままでは飢え死にしてしまう・・・

そんな時に親の助けを借りて
生き抜こうとしておねだりをするんです。

でも、親も自分たちが生きていくので
精一杯の時がもちろんあります。
そんな時には苦渋の決断で子供をおねだりを
断ることもあります。

自然魅力発見!生き残るためには甘え上手になれ!?まとめ

まさかペンギンの世界にもおやのすねをかじる
文化があるなんておどろきですね。
それに、孵化をしてからたったの60日で
巣立たなければならないことにもおどろきです。
ちょっと短くない?
でも、動物の世界では普通なのかな?

そこはさておき、ガラパゴスペンギンが
すねをかじる理由は生き残るためなので、
立派な生き抜き方ですね。
親のすねはかじれるときに
かじっちゃいましょう(笑)

他にもクイズを作っていますので、
楽しんでいただけるとうれしいです。

【参考】
ナショナルジオグラフィック日本語版
巣立った後も親のすねをかじるペンギン

なぎさひろい いのこ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

愛知県清須市在住
ダイビングインストラクター歴10年以上

ここでは、うみ遊びや生きものの生態などについて感じたことや伝えたいことについて書いています。
気になったことや知りたいことがあれば遠慮なく聞いてください!!喜んで、僕が分かる範囲で答えさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる