姉妹サイト「なぎさひろい飼育日記」はココをタップ

イシダイ「オス・メス」違い・見分け方は体の模様と黒い口!?

こんにちは、なぎさひろい(@nagisahiroi)いのこです。

今回はイシダイ『オス・メス』の違い・見分け方について写真やイラストを使いながら書いてみました。

目次

見分け方・違い①体の模様!?

イシダイの姿を思い浮かべてみると

_

想像したイシダイの体には黒い横線模様がありませんか!?

そう、まさにそこが見分けるポイントなんです!!

イシダイのオス♂の特徴!?

写真の子はトレードマークの模様が尾びれの方にだけぼんやりと見える程度で消えて銀色の体色になっています。

このように、大きくなるにつれて縞模様(黒い線)が『ぼんやりするor消えてしまった』特徴を持つ子がイシダイのオス♂です。

_

さらに、体色が銀色に見えるため『ぎんわさ』と呼ばれたり、

_

口が黒くなるので『クチグロ』と呼ばれることがあります。

イシダイのメス♀の特徴!?

大きくなっても縞模様がはっきりしているのがメス!
※ただし、幼魚の頃と比べると不明瞭になるとのこと。

_

黒い線がしっかり残っていますね。

この違いを知って潜ると今まで『あっ、イシダイだ!』と思っただけだったのが『あっ、このイシダイはオスだな』『メスは居ないのかな!?』『おっ、ペアが揃った!!』など、見方が変わって面白さが倍増するかもです♪

_

是非、うみ遊び(スノーケリング・スキンダイビング・ダイビングなど)や水族館に遊びに行ったときにイシダイと出会えましたら、特徴を思い出して性別を見分けてみてくださいね。

イシガキダイとの交雑個体イシガキイシダイ!?

イシダイと同じスズキ目イシダイ科の仲間にイシガキダイと言うサカナがいます。

_

沿岸岩礁地を好み、イシダイに比べると南方方面にも多く進出しています。

住む環境が似ているせいか、イシダイとイシガキダイの交雑個体の情報が図鑑に載っていました。
※交雑個体のことをイシガキイシダイと呼ぶとのこと。

性別以外にも体の模様を見て、あれっ…なんか変だな?と感じたら交雑個体イシガキイシダイの可能性があるかもしれませんね。

今後、イシガキイシダイの写真・動画の撮影に成功しましたら載せますね♪

_

問い合わせ・各種SNS・姉妹サイトについて

姉妹サイト
なぎさひろいの飼育日記(準備中)

つぶやきやサイトの更新情報はTwitter
@nagisahiroi

写真やショート動画はInstagram
飼育している生きもの達とのふれ合いは
@inokohiroyuki
サイト情報や海関係写真・動画は
@nagisahiroi

動画紹介はYouTube
なぎさひろいチャンネル

うみ遊びの楽しみ方や生きもの達を魅力を多くの方に伝えていきたいので、記事を気に入りましたら下のランキングをポチッと押して応援して頂けましたらうれしいです♪


人気ブログランキング

~ ウニからうみ遊びへ ~
  Uni to Umiasobi  

ウニとうみ遊びショップなぎさひろい
ダイビングインストラクターいのこひろゆき

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

愛知県清須市在住
ダイビングインストラクター歴10年以上

ここでは、うみ遊びや生きものの生態などについて感じたことや伝えたいことについて書いています。
気になったことや知りたいことがあれば遠慮なく聞いてください!!喜んで、僕が分かる範囲で答えさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる