MENU
カテゴリー
マスククリーニング1月31日まで20%OFFこちら

ダイビング器材オーバーホール料金案内!定期的な部品点検・交換が大切です♪

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ダイビングを楽しむ為に必要不可欠な器材たちは、ダイビング後に「水洗い(真水)、乾燥、風通しの良い日陰で保管」などの手入れを丁寧に行っていても「内部まで洗浄することは厳しいのが現状」です。

そのまま使用を続けると「内部に残った塩による腐食、経年劣化による部品のひび割れ」などが原因で「エア漏れなどのトラブル」が発生する可能性が高くなってしまいます。
(写真でご覧になられたい方は後半「 オーバーホールを受ける前のチェックポイント 」で確認してみてね。)

提携業者の作業場を撮影させていただきました♪

なので、定期的なオーバーホール「内部の洗浄、緑青と呼ばれる錆(さび)落とし、消耗部品の交換」を行って器材たちをリフレッシュしてあげましょう♪

目次

オーバーホール料金案内

スクロールできます
◆基本セット
レギュレーター(1st+2nd)、オクトパス、ゲージ、BCホース(ドライホースも含む)、BCDインフレーター
11,000円+部品交換代
◆レギュセット
レギュレーター(1st+2nd)、オクトパス、ゲージ、BCホース(ドライホースも含む)
9,900円+部品交換代
◆レギュのみ
レギュレーター(1st+2nd)
8,800円+部品交換代
◆単品
レギュレーター(1st)のみ、(2nd)のみ、オクトパスのみ
各5,500円+部品交換代
◆単品
ゲージのみ、BCDインフレーターのみ
各3,300円+部品交換代

特殊な器材は追加料金が発生する場合があります。

申し込み方法

STEP
来店日の相談

公式LINEなどで来店可能な日時を相談して決めます。

STEP
器材の確認・受け渡し

器材の状態を確認させていただきます。
使用時に「空気漏れなどのトラブル」があったり、何か気になったことがありましたら些細なことでも遠慮せずに教えていただけるとありがたいです。

「保証書」をお持ちの方はお忘れのないように気を付けて

STEP
専門業者に依頼

提携しているオーバーホール専門業者に器材の情報をお伝えして点検・部品交換を依頼します。

STEP
お店で受け渡し

無事にオーバーホールが終わりお店に届きましたら「来店→交換部品の確認→料金のお支払い→器材のお渡し」の流れで終了になります。

\ 3営業日以内に返信致します。 /

mail:ino*nagisahiroi.com
スパム対策の為@を*に
変更しています。

オーバーホールを受ける前のチェックポイント

ここからは、「オーバーホールを受ける時期が間近に迫っている器材たち」のチェックポイントを一緒にみていきましょう!

レギュレーター「ファーストステージ内部」

レギュレーターはダストキャップを外して「シリンダーとの接合部」を確認してみましょう。

こちらがキレイな状態。
(今年の6月に点検していますので丁度半年経ったくらいです。)

こちらが点検を怠っているレギュレーターの状態で「 緑青と呼ばれる錆(さび) の発生」が確認できますね。

ここまでくると「内部の腐食も進行している」と思われますので部品の状態が気になります。

だからと言って直ぐに点検しないと壊れるわけではないのですが「エア漏れなどのトラブル発生率」が高くなっていますので要注意です!

◆他に気にすることは?
セカンドステージ(口にくわえて呼吸する部分)からフロー現象(空気漏れ)で『シューっと漏れる音』がしないか?
マウスピースに穴が空いていないか?など

中圧・高圧ホース

ホース類に関しては「ひび割れが無いか?」確認してみましょう。

これは危ない!!危険信号です。

ここまで劣化が始まっていると、その内「ダイビング中にホースから気泡が出てくる状態」になり、最悪の場合は「破裂」することも考えられますので、即交換です!

写真の「ゴムホース」は劣化が目視で判断しやすいので良いのですが、最近流行のフレックスホース(柔らかくてしなやかなホース)は劣化の判断が難しいので「3年で交換」を目安にされるのがおススメです。

インフレーターやドライスーツに接続する部分も「塩かみなどで動きが制限されていないか?」「緑青が発生していないか?」を確認してみましょう。

◆他に気にすることは?
ホースをギュッと掴んでみて弾力を確かめてみましょう。どこか「弾力が無く柔らかくなっている」など、他の部分と違う箇所がありましたら要注意です。

インフレーター

インフレーターは中圧ホースとの接合部を確認してみましょう。

ここに「緑青の腐食」が確認できると中圧ホースの取り外しに影響がでてきます。

それに、内部にも腐食が進行している可能性が高いので「吸気・排気ボタンから空気が漏れる」などのトラブルにも繋がってしまいます。

◆他に気にすることは?
ボタンの動きを確認してみましょう。「ボタンが奥まで押せない」場合は塩かみなどで動作を制限されていると考えられますので要注意です!

気になったらオーバーホールで点検・交換

ダイビング器材オーバーホール料金案内
様々な道具を使って器材をリフレッシュ♪

大まかなチェックポイントをお伝えしましたが、オーバーホールの判断材料になると思いますので確認していただけるとうれしいです。

「分からないからチェックして欲しい!」と言う方はお店に持ち込んでいただければ喜んで確認させていただきます♪

それでは、定期的な点検・交換で器材たちを気持ちよくリフレッシュして大切にしてあげましょう。

\ ポチッと応援する♪ /

\ 登録不要で更新通知が届きます♪/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる