MENU
カテゴリー
*Uni to Umiasobi*「ウニとうみ遊びを楽しむ」がコンセプト

「マンリョウウミウシ」ダイビングで出会えるウミウシ図鑑

「マンリョウウミウシ」ダイビングで出会えるウミウシ図鑑
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、いのこ(@nagisahiroi)です。

背中に沢山ある突起を観察すると「良い感じに焼けて膨らんだお餅」に見えてきてしょうがないマンリョウウミウシについて書いてみました。

目次

マンリョウウミウシの生態情報

分類

裸側上目
ツヅレウミウシ科
マンリョウウミウシ属

学名

Carminodoris-armata
(Baba, 1949)

大きさ

~15cmほど

生息地・生息域・分布域

日本温帯域

デカいけれど溶け込みます!?

生態情報にあるように最大15cmほどまで成長する大型のウミウシさん。

「なんだ~それなら簡単に見つけられるじゃん♪」

と思いきや、世の中そんなに甘くはないのです。

(お主…環境に溶け込んでますな…)

想像以上の擬態能力!!

なので、近くに寄るまでは気付かないことも多々あり。

水中ライトを当てると鮮やかなんですけどね。

体高も突起もぷっくりさん

マンリョウウミウシに出会えましたらぜひ「姿勢を低くして真横から観察」してみてください。

この角度から眺めるのがおススメです♪

(こちらを向いてくれたときなんて…好き。)

ボルダリング(=ロッククライミング)が出来そうな突起と緩やか~に高くなる体高がとても良い!!

体が大きいこともあって触覚も太くて丈夫そう。

(存在感があるなー)

触覚先の形はこんな感じ。

(突起を間近で観察してみると、やっぱりお餅みたいに見えてしまう笑)

突起の大きさは様々なのですが、色にも「焼きすぎて焦げたような黒色」から「焼き始めの白っぽい色」など違いがありますね。

(他にも、根元付近が白くなっている突起があるなどの特徴もあるみたい。)

基部は不透明な白い輪に囲まれることがある。

日本のウミウシ
中野理枝 著

*今回お伝えしたかったこと

マンリョウウミウシの生態情報
分類、学名、大きさなど

デカいけれど溶け込みます!?
想像以上の擬態能力

体高も突起もぷっくりさん
真横から観察するのがベスト!!

マンリョウウミウシに出会えましたらぜひ「姿勢を低くして真横から観察」してみてくださいねー

参考文献

日本のウミウシ

中野理枝 著

究極のウミウシ図鑑
(約1400種を掲載した)

日本のウミウシ 第二版 (ネイチャーガイド)

持ち運びに便利なウミウシ図鑑
(基本340種掲載)

フィールド図鑑 日本のウミウシ

※Amazonアソシエイト使用

なぎさひろい連絡先情報

気になることがありましたら遠慮せずにDMなどで連絡くださいね。

Twitter

日々のつぶやき
サイト・YouTube更新情報
@nagisahiroi

Instagram

うみ遊びや生きもの飼育日記
@inokohiroyuki

LINE

問い合わせメールや各SNSから連絡いただければLINEアカウントをお伝えします。

YouTube

うみ遊び映像/生きもの解説
なぎさひろいチャンネル


人気ブログランキング

~ ウニからうみ遊びへ ~
  Uni to Umiasobi  

一緒にうみ遊びの旅をしよう♪
*ウニ好きガイド*が海中世界をご案内します。

ダイビング&スノーケリングなぎさひろい
いのこひろゆき

「マンリョウウミウシ」ダイビングで出会えるウミウシ図鑑

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる