MENU
カテゴリー
初級ダイビングライセンス(OWD)案内はこちら

エチゼンクラゲの触手に突撃したら見えた世界

こんにちは、なぎさひろい(@nagisahiroi)いのこです。

傘の直径が最大2mほどになると言われているエチゼンクラゲ。

その巨大な傘に、ゆ~っくりと近づいて中を覗いてみると、

おそらくアジの仲間

隠れ潜んでいる小さなお魚さん達と目が合いました。

(ちょこちょこ動いててかわいいな~♪)

と、ここで気になることを発見!

目次

傘の中は安全地帯なの!?

エチゼンクラゲが傘を動かすたびに触手も同じく動く。

と言うことは「小魚たちの体に触手がふれる」こともあるはず。

なのに、小魚たちは痺れることもなく平気な顔をしている気がする。

つまり、「実は傘の近くにある触手は見かけだおしで刺されることは無い?」のかな?

カメラを突っ込んで確かめてみよう!

「気になったのなら確かめてみればいい!!」

と言うことでカメラをズボッと突っ込んでみた結果、「問題なく普通に刺されました!!」

カメラに絡みつく白くて美しい触手

しかも刺されるだけではなくて、傘の内側から生えている長めの白い触手がカメラにべったりと付いて離れない。

その触手をぺりっと剥がして見ると粘着テープを剥がした跡みたいな感じになっていました。

(どうやら、粘着性があるみたい。)

触手の中の光景は結構好きかも 笑

きっと、「粘着性があることで触手にふれた獲物(プランクトンなど)を逃がさない」ようになっているんだろうな。

なので、「小魚たちにとっては安全地帯だとしても僕たちにとっては危険地帯」。

刺されるだけではなくて触手がくっついて肌に残る可能性があり危険なのでお気をつけて!!

でも、触手の中に突っ込むと素敵な世界が広がっていますので、これはこれで有りかもね♪

動画で見てみよう♪

クラゲの触手の中に見える世界はうつくしいね。

アカクラゲver

エチゼンクラゲについて気になった方へ

エチゼンクラゲについて書いてみました。

うみ遊びだけじゃなくて陸も楽しむ。

↓サイトを気に入ったら応援クリックいただけると嬉しいです♪


ダイビングランキング

↓クリックすると更新通知が届くようになります

エチゼンクラゲの触手に突撃したら見えた世界

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次