姉妹サイト「なぎさひろい飼育日記」はココをタップ

「ヒロウミウシ」ダイビングで出会えるウミウシ図鑑

こんにちは、なぎさひろい(@nagisahiroi)いのこです。

ぱっと見ると、綺麗なピンク色のイソギンチャクと勘違いしてしまいそうなくらいに似ているヒロウミウシについて書いてみました。

目次

ヒロウミウシの生態情報
『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域、豆知識』

ダイビングで出会えるウミウシ図鑑「ヒロウミウシ」①

分類

ネコジタウミウシ科
イバラウミウシ属

学名

Okenia hiroi
(Baba,1938)

大きさ

~15mm

生息地・生息域・分布域

北海道以南

豆知識

体色と同じ色のコケムシを食べますので探すときはピンク~赤色のコケムシが生えているところを探してみて!

上から見るとイソギンチャクそのもの!?

よくダイバーのお客さんに初めて紹介すると『えぇ!!ウミウシなんですね!?イソギンチャクかと思いました~』と言われることが多いヒロウミウシさん。

一体どれだけイソギンチャクと似ているのかというと…

_

似すぎでしょ 笑

慣れないとウミウシの特徴である触覚がどれなのか判別するのが難しい。ちなみに右下がお尻部分、左上が顔の部分で赤色の触覚が2本あります。

仲間同士で群れていることが多い!?

ヒロウミウシは体色と似ているコケムシを食べて生きているのですが、エサがある限り極力移動はしないのかな?基本、団体でいるところに出会うことが多い気がします。

_

仲間同士で寄り添ってて仲良しだねーかわいいな~

こう言った、ほのぼのしたヒロウミウシの雰囲気が好きだな。

大きくなるとイソギンチャクっぽくなくなる!?

小さい子はイソギンチャクに激似ですが、大きくなると背中にあるヒダヒダの間隔があいてヒロウミウシと判別しやすい子と出会えることが多いような。※個体差はあるかもしれませんが。

_

ねっ♪わかりやすくないですか?

_

こっちの子は触覚が背中のヒダよりも長くて目立ちますね。

これならイソギンチャクと見間違うダイバーさんは少ないかもですね。

「ヒロウミウシ」ダイビングで出会えるウミウシ図鑑まとめ

★今回お伝えしたこと★

1.ヒロウミウシの生態情報
  『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域、豆知識』
2.イソギンチャクに似ている!?
3.仲間同士で群れる!?
4.大人はイソギンチャクっぽくない!?

ヒロウミウシと出会えましたらエサが無くならない限りはその場にいると思いますので、出会えた場所を覚えて成長を見守ってみてくださいねー

記事を楽しんでいただけましたらぜひランキングバナーをポチッとして応援をよろしくお願い致します。

_

_

問い合わせ・各種SNS・姉妹サイトについて

姉妹サイト
なぎさひろいの飼育日記(準備中)

つぶやきやサイトの更新情報はTwitter
@nagisahiroi

写真やショート動画はInstagram
飼育している生きもの達とのふれ合いは
@inokohiroyuki
サイト情報や海関係写真・動画は
@nagisahiroi

動画紹介はYouTube
なぎさひろいチャンネル

うみ遊びの楽しみ方や生きもの達を魅力を多くの方に伝えていきたいので、記事を気に入りましたら下のランキングをポチッと押して応援して頂けましたらうれしいです♪


人気ブログランキング

~ ウニからうみ遊びへ ~
  Uni to Umiasobi  

ウニとうみ遊びショップなぎさひろい
ダイビングインストラクターいのこひろゆき

参考文献

日本のウミウシ
中野理枝 著

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

愛知県清須市在住
ダイビングインストラクター歴10年以上

ここでは、うみ遊びや生きものの生態などについて感じたことや伝えたいことについて書いています。
気になったことや知りたいことがあれば遠慮なく聞いてください!!喜んで、僕が分かる範囲で答えさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる