MENU
カテゴリー
開催プログラム/開催日程の案内はこちら

アカウニが孵化してから1年経過したら棘の根元に白い輪っかができました。これで成体(大人)と同じだね♪アカウニの一生No.8/海水水槽/飼育日記

こんにちは、いのこです。

2021年11月に産まれたアカウニ達がついに1歳になりました。(ここまで本当に不安続きだったな~)と言うことで1年経って新しい変化が起きていないか気になりますので観察してみましょう♪

目次

稚ウニに変態3ヶ月後と1年後の大きさ比較

稚ウニに変態してから約3ヶ月経った頃は、10円玉の「0」の幅と同じくらいの大きさしかなかったアカウニも1年経つことでかなりの成長を遂げまして、

10円玉よりも大きくなりました!!(殻径でいうと2cmくらいかなー)ちなみに、アカウニの隣にいる子も孵化から成長を見守り続けているバフンウニ(2歳)です。

拡大してみると、ついに、アカウニ最大の特徴と考えている白い輪っかが棘の根元に確認できました♪これで、成体(大人)と全く同じ姿になりましたね。

アカウニの動きを動画で観察してみよう♪

このまま成長を見守って来年の冬(1年後)になれば卵または精子を放出できるくらいになっているはず。そうすれば、アカウニの一生「受精→孵化→幼生→稚ウニ→成体→受精」のサイクル全てを見届けることができるようになりますので、この先も観察を続けていきますね♪

↓サイトを気に入ったら応援クリックいただけると嬉しいです♪


ダイビングランキング

↓クリックすると更新通知が届くようになります

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次