姉妹サイト「なぎさひろい飼育日記」はココをタップ

「タマミルウミウシ」ダイビングで出会えるウミウシ図鑑

こんにちは、なぎさひろい(@nagisahiroi)いのこです。

タマミルを食べるわけでも居ついているわけでもないらしいのに名前にタマミルの文字が入っていてややこしいタマミルウミウシについて書いてみました。

目次

タマミルウミウシの生態情報
『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域、豆知識』

分類

ハダカモウミウシ科
アオモウミウシ属

学名

Sacoproteus smaragdinus
Baba,1949

※2018年に現在の学名に変更されました。

変更前
Stiliger smaragdinus
Baba,1949

大きさ

~3cm

生息地・生息域・分布域

日本、西太平洋

豆知識

フサイワズタが好みでタマミルは食べないらしい。

フサイワズタに擬態する天才!?

ウミウシは擬態するのが得意な子が多いけれど、この子も本当に隠れるのがうまい。

_

かなり拡大をしてみてもこの通り。すごいでしょ♪

この子を探すときのコツはずばり、ウミウシの特徴である触覚を見つけるべし!

タマミルウミウシの触覚を探す!?

先ほどの写真の中にタマミルウミウシの触覚が2本写っています。※先っぽが白くなっています。

それは一体どこなのか?と言うと、

_

黄色矢印の先にあるのが触覚です。

背中にある突起の形はフサイワズタに激似ですので唯一の違いである触覚を探すのが1番分かりやすいですね。

_

同じ場所でも触覚が隠れるだけで見分けがつかなくなりますね。

本当に隠れるのがうまい!!

フサイワズタに住み、フサイワズタを食べる!?

すでに名前を紹介していますが、このタマミルウミウシが棲み処(すみか)にしているのが海藻の仲間であるフサイワズタ(イワズタ目イワズタ科)です。

残念ながら写真を持っていないのでお見せできないのですが、名前に付いているタマミルは棲み処にすることもエサにすることもないみたいです。

それならなんでタマミルって付けたんだろう?

普通ならフサイワズタウミウシと付けそうなのになー

不思議すぎて気になります!

「タマミルウミウシ」ダイビングで出会えるウミウシ図鑑まとめ

★今回お伝えしたかったこと

1.タマミルウミウシの生態情報
  『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域、豆知識』
2.フサイワズタに擬態するのがうまい。
3.見つけるコツは触覚を探すべし!
4.フサイワズタに棲み食べる。
5.タマミルには棲まないし食べもしないらしい。

ぜひ、イワズタ目イワズタ科の海藻であるフサイワズタを見つけましたらタマミルウミウシが居ついていないか探してみてくださいねー

_

_

問い合わせ・各種SNS・姉妹サイトについて

姉妹サイト
なぎさひろいの飼育日記(準備中)

つぶやきやサイトの更新情報はTwitter
@nagisahiroi

写真やショート動画はInstagram
飼育している生きもの達とのふれ合いは
@inokohiroyuki
サイト情報や海関係写真・動画は
@nagisahiroi

動画紹介はYouTube
なぎさひろいチャンネル

うみ遊びの楽しみ方や生きもの達を魅力を多くの方に伝えていきたいので、記事を気に入りましたら下のランキングをポチッと押して応援して頂けましたらうれしいです♪


人気ブログランキング

~ ウニからうみ遊びへ ~
  Uni to Umiasobi  

ウニとうみ遊びショップなぎさひろい
ダイビングインストラクターいのこひろゆき

参考文献

日本のウミウシ
中野理枝 著

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

愛知県清須市在住
ダイビングインストラクター歴10年以上

ここでは、うみ遊びや生きものの生態などについて感じたことや伝えたいことについて書いています。
気になったことや知りたいことがあれば遠慮なく聞いてください!!喜んで、僕が分かる範囲で答えさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる