MENU
カテゴリー
*Uni to Umiasobi*「ウニとうみ遊びを楽しむ」がコンセプト

夏を感じる変化と大人数で緊張します?

吉良ワイキキビーチクリーン(ゴミ拾い)&磯観察2021年6月13日
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、いのこ(@nagisahiroi)です。

先月は雨予報のために中止した吉良渚ひろい&磯さんぽ。

今月も当日の天気予報を確認すると「くもり時々雨」で微妙な感じ。

(今月も中止にするしかないのかな…)

と悩んだのですが、迷うよりも相談しようと思い、参加者の方々に連絡をして「雨が降って濡れてしまう可能性がありますけれど、一緒にいかがですか?」と確認してみると、皆さん「それでもいいよー♪」と二つ返事でOK!!

(うれしい…本当にありがたいですね。)

*当日状況*

【日程】
2021年6月13日(日)
【参加者】
5名
男性
Tさん、Kさん
女性
Hさん親子(Sさん、Aちゃん)
Mさん
【気温】
26℃ / 19℃
【天候】
くもり
【活動時間】
9時00分~12時30分

3人以上の活動は今回が初めて。

(人数が多くて初めの挨拶から緊張してしまった笑)

開始そうそう、とんでもないゴミを発見!!

(よー、ここまで運んできたな)

さすがに、このサイズのゴミは僕達では手が出せないので業者にお願いですね。

こちらはメガネ。

ぽかぽか気温になってきましたからね。

(ランニングをされる方が落とされたのかな?)

ゴミにも「夏の到来」を感じさせてくれますね♪

夏の到来と言えば、卵の殻も拾いました。

(なんの卵なんだろう?)

Tさん、Kさん、Mさんと一緒に観察してみる。

ヘビ?トカゲ?それとも鳥?

(あぁー正体が気になる!!)

SさんとAちゃんにも紹介しようかなと思い呼びに行こうとしたら、とても絵になる光景が。

いの
「ちょ!Kさん、Kさん、Aちゃんの後ろ姿、めっちゃ絵になりません?」

Kさん
「なんか良いっすね♪」

映画のポスターにありそう♪

このゴミを拾いたいけれど、靴だから取りに行けない感じ。

(めちゃくちゃ気持ちが伝わってくるわ!)

ありますよねー、こう言う場面。

Kさん
「僕が取ってあげるよー」

サンダルで参加して下さっていたKさんがザブザブ入ってゴミをキャッチ!

(カッコいい!!)

薄くなっていますが「危険」を伝える看板みたい。

(どこから流れてきたのかな?)

毎回、色んなゴミ達と出会えますね。

色んなものと出会えると言えば、今回は「Sさんが発見してくださった、ある生きもの」に1番驚きました。

それがこちら

おぉ!!コウイカの仲間じゃないですか!

(渚ひろいで「骨以外の状態」を初めて見たかも…)

骨(=甲、貝殻)と並べるとこんな感じ。

死骸と横並びにすると「骨がどの位置にあったのか」が一目瞭然ですね。

(これは、みんなにも見せてあげたい♪)

急いで、Aちゃん、次にKさん、Tさん、Mさんをお呼びして観察していただきました。

実際に観察できたことで、目の前に見える「西尾のうみにコウイカの仲間が棲んでいる」ことが、より実感できますね。

Sさん、見つけてくださってありがとう♪

生きもの観察もしつつ渚ひろいを続けていると、活動場所を丁度半分過ぎたあたりでゴミ袋がパンパンに。

なので、一旦ゴミを分別して回収コンテナの中へ。

人数が多いので回収できる量も増えますね。

(本当は拾えなくなるのが1番なんですけど。)

この後も拾いつつ、いつもお世話になっているmoonの2Fで休憩タイム。

気持ちがいい風が吹く日陰でのんびりと渚の波音を聞いて癒される。

(うん、やっぱりこの休憩時間も好き。)

時間はあっという間に過ぎて11時ごろ。

Aちゃん
「お母さん、そろそろ時間…」

Aちゃんが時間を気にしてSさんに声をかける。

なんと、Aちゃんは学校の部活があるのに渚ひろいに参加をしてくれていたのです。

(すごいうれしいんだけど。)

ここでお別れは寂しいですが、次回もお誘いすることを約束して見送りました。

短い間でしたが、その中でSさんもAちゃんも「うみが好きで生きものも好き」な印象を受けました。

だからこそ、この後に開催する予定だった磯さんぽを一緒に遊びたかったし生きもの達との出会いを楽しんでほしかったな。

(次回はぜひ、一緒に生きもの観察もしましょうねー)

後半の「磯さんぽ」は次ページへ

1 2
吉良ワイキキビーチクリーン(ゴミ拾い)&磯観察2021年6月13日

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする