MENU
カテゴリー
初級ダイビングライセンス(OWD)案内はこちら

スノーケリングの準備は整っていますか?うみやプールで楽しむためにダイビングマスクとスノーケルの気になる汚れを落としましょう!

こんにちは、いのこです。

「いのこ君、汚れが目立ってきたから綺麗にしてー」と愛用されているマスクとスノーケルを預かりましたのでクリーニングすることにしました!もうすぐスノーケリングやダイビングなどのうみ遊びトップシーズンである夏が到来しますね。いつでも潜りに行けるようにスキルの復習や器材の手入れなどの準備を始めていきましょう!

目次

全体の汚れを確認してみると広範囲にありますね

先ずは、スノーケルから確認してみます。

透明なシリコン部分全域に汚れが確認できますね。

マスクにも「シリコンとレンズの間」に汚れを発見。

汚れが吸着していないかドキドキしながら分解/洗浄へ

それではCOCOマスクの分解から。(この角のパーツは外すときに壊れる危険性がありますので緊張するな~)

シリコンをめくってみると、どうやら汚れはレンズ側についていたみたい。(良かった、これなら汚れをしっかりと落とせそう♪)

洗浄後はこんな感じ。レンズの汚れは簡単に落とせますので助かりました。

スノーケルの方もキレイに汚れをほぼ落とすことに成功したのですが、

残念ながら、ここの汚れだけは落とすことが出来ませんでした。

シリコンに吸着すると落とせない場合があります。「汚れの表面を削り取って落とす」方法もあると聞いたことがありますが、シリコンを痛めてしまう可能性が高いので僕は控えています。なので、洗剤で定期的に洗うことで汚れの拡大を防いでいきましょう。

今回はスノーケルの汚れが1ヵ所残してしまったのは悔しかったですが、他の汚れは吸着する前にキレイに落とすことが出来て本当によかったです。

ぜひ、みなさんもマスクやスノーケルを確認して「気になる汚れ」を見つけたり、「レンズが曇りやすくなっている」と感じたらクリーニングしてみましょうね!!

クリーニング料金などについて詳しくは下記をチェック

↓サイトを気に入ったら応援クリックいただけると嬉しいです♪


ダイビングランキング

↓クリックすると更新通知が届くようになります

ダイビングマスクとスノーケルのクリーニング2022年6月22日

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次