MENU
カテゴリー
開催プログラム/開催日程の案内はこちら

ゆけっハナミノカサゴ!ポケモンバトルみたいな展開とキビナゴの大群が泳ぐ光景が壮大で楽しかったですねー♪くまの灘/井内浦ビーチ/ファンダイビング/三重県・磯崎町

こんにちは、いのこです。

今回はエントリー直後からハナミノカサゴ若魚がお出迎えしてくれて最初から興奮気味なダイビング日和になりました♪

目次

本日の海況情報/タイムスケジュール

開催日程2022年
12月6日(火)
行先くまの灘
井内浦ビーチ
(三重県/磯崎町)
天候晴れ
気温16℃/7℃
水面おだやか
透視度
(透明度)
10m
水温20℃
内容ファンダイビング

●タイムスケジュールあ

5時45分ご自宅集合/出発
(愛知県/西尾市)
7時00分安濃SA
トイレ休憩/朝食購入
9時30分現地施設着
午前1本
13時00分現地施設出発
13時40分PAで昼食
VISON観光
21時00分ご自宅解散
(愛知県/西尾市)

ポケモンバトル勃発???ゆけっハナミノカサゴ

この時期の快晴は本当に暖かくてありがたい。

Mさんは今年初のドライスーツ&4ヶ月ぶりのダイビングなので感覚を思い出しつつ潜降して海中へ。

いの
「ここでリラックス(呼吸や耳抜きの確認)しましょうー♪」

Mさん
「(ハンドシグナルで)OK!!」

ダイビングを楽しむためには「最初に気持ちを落ち着かせる時間を作る」ことが大切ですからね。

なんて、リラックスタイムを作っていると遠くからゆら~り、ゆら~り、優雅な泳ぎでハナミノカサゴ若魚がサプライズ登場♪(いきなりの出会いに興奮したなー笑)

なので、すかさずカメラを構えて(Mさんも)撮りまくる。初っ端からハナミノカサゴ若魚の登場に歓喜の2人でしたけれど、なんとなんと、さらなるサプライズ演出が!

もう1匹来たーーー!!しかも、なんか向かい合って構図がポケモンバトルみたいですね 笑。

ポケモンバトル風のハナミノカサゴ同士の出会いを動画で観察してみよう♪

こうやって妄想しながら観察するのも楽しいですよねー

少し沖の方に泳いでいくと他の個体にも出会えましたので、この時期はハナミノカサゴが多いのかな。

まるで生きているように感じるトゲアシガニ

Mさん
「(転石に指さしながら)あれなに?」

いの
「おぉ~、あれはトゲアシガニですよー」
「太平洋側で潜ると結構出会えますね。」

(あれっ???おかしいな…全く動かないけど死んでる?)

外傷が見当たらなくて生きているように感じましたけど死んでいる個体でした。トゲアシガニは動きが速く転石のすき間にサッと隠れてしまうので間近で観察するのは簡単ではないため、貴重な時間でした。それにしても、死んでしまった原因は何なんでしょうね?(気になるなー)

キビナゴの群れが泳ぐ光景は迫力満載

この時期に多いと言うと「キビナゴの群れ」がとにかく凄かったです。

キビナゴの群れを動画で観察してみよう♪

提供:M.S(部分使用)

黒い塊がグワングワン動く光景は圧巻でした。1匹1匹は小さくても群れになると受ける印象が全く変わってきますね♪

緑のペンライトを振るガンガゼが可愛い

岩礁のすき間を覗くとガンガゼの赤ちゃん達(人差し指の上にチョコンと乗せれるくらいの大きさ)がちらほらと。

ガンガゼって殻にある青く発光する模様もキレイで好きなんですけど、今回は「緑色の短い棘」がクルクル回る光景に目を奪われちゃいました 笑。

ペンライトを振っているような光景を動画で観察してみよう♪

ダイビングに時間制限がなければ何時間でも眺めていたかったなー

ダイビング後は三重観光でグルメ巡り

Mさんは数日前まで体調が万全ではなかったので、今回は1ダイブで終了して午後は観光へ。グルメ巡り&お土産目的で道の駅やVISON(日本最大級の産直市場や飲食店などが並ぶ複合施設)に寄ってみました。

三重方面に来た時に絶対に外したくないのが「大内山ソフトクリーム」(本当に絶品)。僕が知っている全国のソフトクリームの中でもトップクラスの旨さなので是非ご堪能あれ。

Mさん、ご参加ありがとうございました。久しぶりのドライスーツの感覚も思い出されたみたいなので、冬季ダイビングも一緒に楽しんで行きましょうね!

↓サイトを気に入ったら応援クリックいただけると嬉しいです♪


ダイビングランキング

↓クリックすると更新通知が届くようになります

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次