MENU
カテゴリー
初級ダイビングライセンス(OWD)案内はこちら

「大瀬崎ダイビングの旅」珍しい子も嬉しいけれど身近なオキゴンベは外せない!!

こんにちは、いのこです。

この時期は「夏に比べて海中が透き通っている(透明度が良い♪)日が多い」のが魅力なのですが、潜られているダイバーさん達の数が少ないので「ゆったりと海中世界を独占気分で楽しめる」ことも最高なんですよね。

こんな日に巡り合えた時は、「ぼけ~っ」と何も考えずに水面を見上げて過ごしてみたい。

目次

濃く青い世界が広がる

水深15mくらいの水底から撮影してみました。

濃い青色が広がる世界で太陽に照らされた水面がキラキラと輝いていて、とても幻想的。

(はぁ~…癒される。)

これは、いつの写真だったかな???

過去に撮影した大瀬崎ダイビングでの1枚なんですけど、マクロ好きな自分には珍しくワイド撮影でビビッと来たお気に入りの写真です。

こんな風に毎年少しずつでも良いので「お気に入りの写真や映像」をお客さんと一緒に増やしていけたら嬉しいなー♪

出会えた生きもの達

西伊豆のダイビングスポット(大瀬崎ビーチや黄金崎ビーチなど)で絶大な人気を誇る「カエルアンコウ」の仲間達。

ヒレを使って「んん~っ!!」と踏ん張っている仕草が本当に可愛い子ですよね~

さらに、写真の子は本当に小さくて

人さし指と比較してみました。

ヤバくないですか!!

この子を見つけたときはメチャクチャ興奮したなー 笑

なにせ、大瀬崎ビーチでこの大きさの子と巡り合えるのが久しぶりでしたので♪

そう言えば、この大きさの頃は何を食べてお腹を満たしているのかな?

ちょっと気になりました。

(ヨコエビ類とかかな???)

鮮やかな羽(胸ビレ)が特徴のホウボウ。

今回の子はヒレが破れていませんので穏やかな日常をすごしているみたい。

「ダイビングの旅」大瀬崎ビーチ、西伊豆(静岡県)2022年3月6日
前回の子は何かと争った形跡がありました。

他にもミノカサゴなどに出会うことも出来ました!!

で・す・が、僕が大瀬崎ビーチでダイビングするときに必ず出会いたい子をまだ紹介していなんですよね。

その子がタイトルにあった「オキゴンベ」。

別に珍しいわけでもなく、潜ると普通に見れるくらい当たり前な存在です。

でも、背びれにご注目いただきたい。

なんだか背びれの先が「ぽわぽわ」していますよね。

これが不思議すぎてハマっちゃいまして 笑

ぜひ、大瀬崎ダイビングに参加されたときは一緒にオキゴンベの背びれを観察してみましょうね!!

西伊豆海況情報
2022年3月23日現在

スポット名大瀬崎ビーチ
透明度~10m
水温17~18℃

3月の時点で水温が最高18℃もあるのはありがたい。

ウェットスーツで潜れなくもない水温に到達してきましたね♪

スポット名黄金崎ビーチ
透明度~12m
水温15~16℃

水温は若干下がってしまったみたいで大瀬崎ビーチに勝ちを譲りましたが、透明度は安定して高いですね!

透明度が良いスポットで潜りたい方は「黄金崎ビーチ」、水温が温かいスポットで潜られたい方は「大瀬崎ビーチ」がオススメですね!!

ツアーは1名から開催していますので、ご希望の方は遠慮なく開催リクエストをいただけると嬉しいです♪

↓サイトを気に入ったら応援クリックいただけると嬉しいです♪


ダイビングランキング

↓クリックすると更新通知が届くようになります

コメント

コメントする

目次
閉じる