姉妹サイト「なぎさひろい飼育日記」はココをタップ

「トックリガンガゼモドキ」ダイビングで出会えるウニ図鑑

こんにちは、なぎさひろい(@nagisahiroi)いのこです。

僕は、この子と出会うたびに『棘のしましま模様・お尻にあるイチゴ柄』などの美しさに目を奪われてしまいます。

そんな魅力をかねそなえたトックリガンガゼモドキについて書いてみました。

目次

トックリガンガゼモドキの生態情報
『分類、学名、大きさ(殻径)、生息地・生息域・分布域、豆知識』

分類

正形類
ガンガゼ目
ガンガゼ科

学名

Ecbinotbrix calamaris
(Pallas,1774)

生息地・生息域・分布域

インド
西太平洋海域
紀伊半島以南

豆知識

棘が白色・黒色の個体もいるらしい。

棘はで膜で保護!?

僕が大好きな棘のしましま模様は遠くから見てもすごくきれい。

_

この模様を遠くから眺めることが出来ただけでも幸せな気分になってしまいます。

でも、やっぱり我慢できなくて近くで見たい!!

と言うことで近づくと、僕が見て欲しい独特な棘の構造・特徴が観察できます。

_

気になる2つの構造・特徴

  1. 蛇腹(じゃばら)状になっている。
  2. 透明な膜に覆(おお)われている。

すごい気になりません!?

この膜は触るとぷにぷにしてるのかな?
ジャバラ状だからザラザラしてるのかな?

どちらなのか気になって仕方がないです(笑)

刺さると本気で抜けにくい!?

ウニハンドブック_田中颯(著)によると、トックリガンガゼモドキの棘には『かえし』があり、刺さると抜けにくいみたいです。

釣り針みたいにかえしがあるとは厄介ですね。

イチゴ柄パンツがお好き!?

今までの画像にも載っているのですが、トックリガンガゼモドキのお尻にある模様がイチゴ柄なんです!

_

熟(じゅく)す前のイチゴって感じ?

_

ほんときれいだな…

「トックリガンガゼモドキ」ダイビングで出会えるウニ図鑑まとめ

★今回お伝えしたかったこと

1.トックリガンガゼモドキの生態情報
  学名、大きさ(殻径)、生息地など
2.遠くから見ても美しい柄
3.独特な棘の構造・特徴
  ジャバラ(蛇腹)状の構造
  透明な膜に覆(おお)われている
4.棘にかえしがあって抜けにくい
5.お尻がイチゴ殻

ぜひ、トックリガンガゼモドキと出会いましたら、その美しい柄や独特な棘の構造・特徴も眺めてみてくださいねー

ウニのことが気になってしまった方へ

他のウニの情報についてはこちらの記事に書いてあります。

ウニ全般や他のウニ図鑑へ

色彩豊かなウニ殻コレクションへ

_

問い合わせ・各種SNS・姉妹サイトについて

姉妹サイト
なぎさひろいの飼育日記(準備中)

つぶやきやサイトの更新情報はTwitter
@nagisahiroi

写真やショート動画はInstagram
飼育している生きもの達とのふれ合いは
@inokohiroyuki
サイト情報や海関係写真・動画は
@nagisahiroi

動画紹介はYouTube
なぎさひろいチャンネル

うみ遊びの楽しみ方や生きもの達を魅力を多くの方に伝えていきたいので、記事を気に入りましたら下のランキングをポチッと押して応援して頂けましたらうれしいです♪


人気ブログランキング

~ ウニからうみ遊びへ ~
  Uni to Umiasobi  

ウニとうみ遊びショップなぎさひろい
ダイビングインストラクターいのこひろゆき

参考文献

ウニハンドブック
田中颯・大作晃一・幸塚久典 著

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

愛知県清須市在住
ダイビングインストラクター歴10年以上

ここでは、うみ遊びや生きものの生態などについて感じたことや伝えたいことについて書いています。
気になったことや知りたいことがあれば遠慮なく聞いてください!!喜んで、僕が分かる範囲で答えさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる