MENU
カテゴリー
*Uni to Umiasobi*「ウニとうみ遊びを楽しむ」がコンセプト

ライセンス不要!体験コースでおためしダイビング♪

『体験ダイビング』ツアーの流れ・こだわり・注意点

シリンダー(タンク)を背負って潜ってみると本当に「水中で息が吸えることや、吐いた時に泡がボコボコボコ~って頬を伝って水面に上がっていく」ことに、「あぁ~これがダイビングなんだな」と感動します。

他にも、「近距離で生きもの達を観察出来たり水面を照らす太陽の光を水底から見上げてみたり」楽しみ方は色々あります。

しかし、気軽にダイビングを楽しめる反面、危険も隣り合わせ。

ここでは、体験ダイビングでの危険も学びながら「安全に楽しんでいく為に伝えてきた体験ダイビングの始め方」やツアーの流れなどについて書いてみました。

目次

体験ダイビングとは?

ダイビングは数日間かけて講習を受けて合格すると貰えるCカードライセンス(認定証)が必要になるのですが、「もっと気軽にダイビングの世界の事を知りたい・体験してみたい方」のためにライセンス不要・おためしで潜れるコースになります。

一緒に眺めたい海中世界を動画で見てみよう♪

僕の大好きな浅場の海中世界「水面を照らす太陽の光・海中に降り注ぐ光のカーテン」をご紹介します。(30秒後~)

ぜひ、潜れる機会が作れましたら「一緒に思い出に残る海中景色」を眺めに行きましょう♪

それでは、ここからは体験ダイビングツアーの流れ・こだわり・注意点などについてお伝えしていきますね

体験ダイビングの流れ・こだわり・注意点

STEP
スノーケリングで海況を知る

なぎさひろいの体験ダイビングコースでは基本、陸上で器材の使い方を説明しましたら器材を全て装着して潜ることはなく、まずは〔3点器材+スーツ〕を使って「スノーケリングで水面から海中世界を覗きに行きます」
※3点器材=マスク・スノーケル・フィン

なんでスノーケリングから始めるの?

実際に潜るコースを水面から見ることで安心する・器材に慣れるから。

「体験ダイビングをされる方には『器材を使って泳ぐこと、海中世界で息をすること』など、初めて体験すること」が沢山あります。

そして、初めてのことに挑戦をすることは「楽しみだけではなく緊張や不安」を感じてしまうことがあります。

ですので、まずはスノーケリングで口呼吸に慣れたり、実際に体験ダイビングで泳ぐコースを水面から確認したりして「初めてのことを分けて体験」していただきます。

泳ぐコースを確認することで、「これからシリンダー(タンク)を背負ってここに潜るんだ!」と想像ができることで安心にも繋がりますからね。

『スノーケリング』ツアーの流れ・こだわり・注意点

他にも、実際に泳いで海水温を感じたり生きものや海中世界を覗けたりすることで、「体験ダイビングで潜る前のワクワク感も向上」します♪

STEP
口呼吸の練習

スノーケリングが終わりましたらシリンダー(タンク)を背負って潜ります。

ですが、、、いきなり潜降することはなく、「水面に浮いた状態でレギュレーター(呼吸用の器材)を咥えて口呼吸の練習」をします。

なんで潜る前に練習するの?

「ダイビングを楽しむ為に最も必要なこと」が口呼吸だから。

「意識をすることなく楽に口呼吸が出来ること」がダイビングを楽しむ為に何よりも大切なことだと思っています。

もし、慣れないまま潜ってしまうと「耳抜き動作が必要になることで口呼吸に集中が出来なくなってしまう」方がいらっしゃいます。

すると、口呼吸に慣れていないために不安や緊張感を感じてしまうことで「耳抜きが抜けにくくなるなどの影響」が発生する可能性があり、潜るのが大変になってしまうかもしれません。

だからこそ、水面で練習をして口呼吸に対する不安や緊張感を無くしてから潜るようにしています。

それに、口呼吸に慣れてしまえば楽しめる時間が増えますからね。

STEP
スキル練習

マスク内に水が入ってしまった場合などに対応できるように簡単なスキル練習を2つ「レギュレーターリカバリー、マスククリア」の練習を行います。

【レギュレーターリカバリー】
レギュレーターが「口から外れてしまった時に探して咥えなおす」方法です。

【マスククリア】
マスクの中に水が入ってしまった場合に「海中でマスク内に浸入した水を抜く」方法です。

STEP
水底でまったり遊んでみよう

STEP4まで進めましたら体験ダイビングに大切な『口呼吸・耳抜き』などが出来ていますので楽しむ準備は万端です。

あとは、生きもの達や海中世界を眺めて楽しみましょう。

『体験ダイビング』ツアーの流れ・こだわり・注意点

ゆっくり移動していると警戒心が解けた生きもの達が遊びに来てくれますよ♪

一緒に体験ダイビングを楽しもう♪

ダイビングは「器材の力を借りないと呼吸することさえできない海中世界へお邪魔するうみ遊び」ですので、不安や緊張を感じられる方が多くいらっしゃいます。

ですので、体験ダイビングは「出来る限り工程を分けて焦らずに慣れていくことが大切」になります。

不安や緊張を感じましたら些細なことでもかまいませんので声をかけてください。

僕はいくらでも練習に付き合いますので、慌てずに少しでも多くダイビングを楽しめる時間を増やしていけるように協力しながら挑戦していきましょう!

心配しなくても運動音痴の僕でも楽しめていますので大丈夫!

おためしで一緒に海中世界を覗きにいきましょう♪

体験ダイビングコース

体験ダイビング参加方法

参加条件や料金などについてお伝えします。

参加条件

10歳以上の健康な方ならどなたでも大歓迎。
※必ず「PADI病歴/診断書」もご確認ください。

ツアー料金・内容

体験ダイビングツアーには「プール・海洋」の2パターンがあります。

プールプログラム

【3mダイビングプール】
愛知県豊田市
施設利用「最大4時間」
1名から開催OK!
10,000円(税抜き)

海洋プログラム

午前:スノーケリング
午後:1ビーチダイビング

【越前】
20,000円(税抜き)

料金内容

【含まれるもの】
現地までの往復交通費、現地施設使用料、漁協協力金、シリンダー(タンク)代、ガイド代、器材レンタル代

【含まれないもの】
個人の飲食代
オプション代(1ダイブ追加希望の場合のみ)

【オプションについて】
体験ダイビング後に海況によっては追加で遊ぶことが可能です。

*スノーケリングを追加したい場合
 無料になります。日没までOK!

*1ダイブ追加したい場合
 2,000円(税抜き)

支払い方法

料金は当日ご請求させていただきますので「現金」にてお支払いください。

持ち物

水着、酔い止めの薬、タオル・バスタオル
(ビーチサンダル、防寒具、日焼け止め、常備薬、帽子、お持ちの器材など)※()内はあると便利な物。

ツアー申込・連絡方法

ツアースケジュールはこちら

うみ遊び&イベントツアー開催日程

ツアー料金はこちら

ツアースポット情報

ツアー予約はこちら

予約申し込みフォーム

各種SNSでの連絡先はこちら

Twitter
(@nagisahiroi)

Instagram
(@inokohiroyuki)


人気ブログランキング

*ウニとうみ遊び*なぎさひろい
ダイビングインストラクターいのこひろゆき

目次
閉じる