姉妹サイト「なぎさひろい飼育日記」はココをタップ

赤潮ダイビングでウミウシ三昧!? in 越前海岸(福井県)

こんにちは、なぎさひろい(@nagisahiroi)いのこです。

今回の越前ダイビングは午前中の途中から赤潮に包まれて水面付近の透明度は0m!?

そんな海況でも沢山のウミウシたちと出会えただけではなく、初めて巡り合えた子もいて素敵な1日になりました。

海況情報

ゲスト  :男性1名
      ファンダイビング
天気   :晴れ
気温   :32℃
水温   :23~24℃
水面   :おだやか
透明度  :0~8m
場所   :福井県越前海岸
ポイント名:ログ前ビーチ(1本目)
      トンボ渡り (2本目)
利用施設 :ダイビングセンターLOG

☆今回お伝えしたいこと

1.ウミウシの卵を食べるウミウシとの出会い
2.ダイビング中に気づかなかったウミウシ
3.赤潮は透明度に影響する
  水面近くは透明度が0m
  赤潮の層を抜けると回復する
4.出会ったウミウシ達
5.海中ゴミ拾いで感じた感謝の気持ち

目次

ウミウシの卵を食べるウミウシ!?

今回のダイビングで1番最初に出会えたウミウシがこの子

_

ツルガチゴミノウミウシ

_

触覚が特徴のある形をしていますね。

この子はウミウシ図鑑の情報によると、他のウミウシ(裸鰓亜目)の卵を食べているらしい

ですので、正にエサであるウミウシの卵にありつけてご満悦な状況なんですね。

この卵だけでどのくらいの期間持つのだろう?

写真を見てから気づくことがある!?

ツルガチゴミノウミウシを撮影している間は全く気付かなかったのですが、陸上に戻ってから写真を確認してみると…

_

あぁぁあぁぁあっぁあぁ!!

トモエミノウミウシも居たの???

なんたる不覚…じっくり観察したかった…

また出会いたいなー

赤潮の影響で水面付近が見えない!?

午前中のダイビングが終わりエキジットしようと岸へ戻っていると濁りが気になってきました。

んっ?なんだ???やたら白い塊が浮いている…

そして、徐々に目の前が赤茶色の世界に包まれて透明度0mに。

あっ…これ赤潮だ!

_

水面が絵具をぶちまけたみたいになってますね。

これぞ赤潮!

2年連続で大当たり。

そして、くっさい!!!!

エビのような生臭い臭いがプンプンしよる…

でも、狙ってできない貴重な体験に感謝ですね。

あとで、器材を念入りに洗お。

赤潮ダイビングでもウミウシ三昧!?

赤潮が発生すると水面付近は透明度が極端に落ちますが、その層さえ抜けてしまえば透明度が回復しますのでお互い見失わないように気を付けて潜降開始!

何とか、赤潮ゾーンを抜けたので生きもの探しへ。

_

僕の大好きなミル発見♪

この海藻を見つけると出会いたい子が居るんですよ。

_

かわいい♪

ヒラミルミドリガイです!

僕が初めて水中ガイドを担当したときにゲストに紹介した思い出のウミウシさん。

その時の思い出とヒラミルミドリガイの情報については別記事に書いてみました。

ヒラミルミドリガイの生態情報(学名、大きさ、生息地など)、特別な能力『盗葉緑体』のこと、ミル類の上で生活し愛を育むこと、初めて水中ガイドを担当したときの思い出などについて。

_

次は岩壁の窪み(くぼみ)を覗いてみると

_

仲良しこよしのヒロウミウシ―ズ

この子は密集していることが多いです。

それだけ好みのエサがある場所が限られているんですかね。

_

こちらはシロイバラウミウシ

白い体色とバラのようなトゲトゲ感が魅力のウミウシ

この子も見つけた周りを探すと別の子がちらほら見つかることが多い印象です。

_

そして、本日最後の子はBIGサイズのキイロウミウシ

越前海岸で出会えるウミウシの中でも大きいクラスに入る存在感抜群なウミウシさん。

この子は本当に大きい!

_

人差し指と比べるとこんな感じ。

この子の不思議な所は、このサイズばかりと出会うこと。

これよりも大きいのも見ないし、小さいのも見かけない。

なぜか、このサイズばかりに出会います。

なんでだ?

小さい頃のキミは一体どこにいるんだろう?

出会ってみたいな。

海中ゴミ拾いに感謝を込めて

毎回、海中ガイドを続けながら目に入ったゴミは出来る限り回収しています。

今回も沢山のウミウシたちや赤潮のサプライズなどで楽しませて頂きましたので、うみや生きもの達に“ありがとう”の感謝を込めて拾いました。

そして、もう一つ感謝したいことがありまして。

_

ゲストのSさんも海中ゴミ拾いを手伝ってくださいました。

本当にありがとうございます。

こうやって、海の環境を守る活動に協力していただけることに幸せを感じますね。

素敵なダイバーさんです。

赤潮ダイビングでウミウシ三昧!? in 越前海岸(福井県)まとめ

☆今回お伝えしたかったこと

1.ウミウシの卵を食べるウミウシとの出会い
  ツルガチゴミノウミウシ
2.ダイビング中に気づかなかったウミウシ
  トモエミノウミウシ
3.赤潮は透明度に影響する
  水面近くは透明度が0m
  赤潮の層を抜けると回復する
4.出会ったウミウシ達
  ヒラミルミドリガイ
  ヒロウミウシ
  シロイバラウミウシ
  キイロウミウシ
5.海中ゴミ拾いで感じた感謝の気持ち
  生き物たちに感謝
  ダイバーSさんに感謝

今回は、赤潮のサプライズがあったり沢山のウミウシ達と出会えたり、海中ゴミ拾いで幸せを感じれて素敵な1日になりました。

Sさん、ゴミ拾いに協力して頂きありがとうございました♪

_

問い合わせ・各種SNS・姉妹サイトについて

姉妹サイト
なぎさひろいの飼育日記(準備中)

つぶやきやサイトの更新情報はTwitter
@nagisahiroi

写真やショート動画はInstagram
飼育している生きもの達とのふれ合いは
@inokohiroyuki
サイト情報や海関係写真・動画は
@nagisahiroi

動画紹介はYouTube
なぎさひろいチャンネル

うみ遊びの楽しみ方や生きもの達を魅力を多くの方に伝えていきたいので、記事を気に入りましたら下のランキングをポチッと押して応援して頂けましたらうれしいです♪


人気ブログランキング

~ ウニからうみ遊びへ ~
  Uni to Umiasobi  

ウニとうみ遊びショップなぎさひろい
ダイビングインストラクターいのこひろゆき

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

愛知県清須市在住
ダイビングインストラクター歴10年以上

ここでは、うみ遊びや生きものの生態などについて感じたことや伝えたいことについて書いています。
気になったことや知りたいことがあれば遠慮なく聞いてください!!喜んで、僕が分かる範囲で答えさせていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる