MENU
カテゴリー
*Uni to Umiasobi*「ウニとうみ遊びを楽しむ」がコンセプト

『片頭痛』が減圧症の後遺症に関係するのか確認してみました。

ダイビングが原因で減圧症になりました。発症後の気付きと学び
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、なぎさひろい(@nagisahiroi)いのこです。

2019年3月から復帰プログラムを始めて現在はガイド業を復帰して潜っているのですが、あることが気になりましたので潜水病の第一人者である山見先生に問い合わせをしてみました。

目次

片頭痛は減圧症の後遺症!?

復帰してからというもの減圧症に罹患する前と後で、ある変化がありました。

それは、ダイビングが終わってから頭痛で気分が悪くなることが多くなったこと。

頭痛はダイビング直後から発生するときもあれば、数時間後~翌日になってから発生するときもありました。

毎回ではないのですがかなりの頻度で悩まされています。

それに、飛行機に乗ったあとにも同じく生じることがありました。

この頭痛の特徴としては大体1~3日ほど経つと落ち着くこと。

そこで、減圧症は後遺症が残ることがあることは知っているのですが、片頭痛も後遺症に関係するのか?気になりましたので相談してみました。

片頭痛の対処法

減圧症の後遺症でダイビング後に頭痛を感じることはあるのか?

減圧症にかかると、ダイビング後、頭痛を生じやすくなる。
多くは、減圧症の再発ではなく、片頭痛ということになる。

どうやら後遺症に片頭痛は関係するみたいです。

それと、対処法についても教えていただきました。

片頭痛の対処法について

鎮痛薬を内服する。
ときには片頭痛薬(イミグランなど)を服用したほうが改善率が高い場合もある。

これからは、ダイビング後の対応として必要であれば薬を服用できるように薬局で頭痛薬を購入して常備することにしました。

減圧症の可能性がある頭痛の見分け方

減圧症の症状の1つに頭痛があります。

減圧症再発の可能性がある頭痛の見分け方は、

減圧症が原因の頭痛とは!?

減圧症の頭痛は、脊髄障害(脊髄型減圧症)として現れることがある。脊髄型減圧症による頭痛の多くは、『後頭部が重い、または鈍痛、または覆われたような感じがする』などの症状として現れる。

これは、首の脊髄から分布した細い神経が後頭部に分布するため。

ですので、頭痛による痛みが後頭部を中心として現れる場合は脊髄障害の後遺症を疑って識別する必要がある。

僕の片頭痛はこめかみ部分が痛むことが多いため減圧症が再発して発生しているわけではないと思われます。

僕と同じようにダイビング後から片頭痛に悩まされている方は、主にどのような症状が現れているのかを確認してみてください。

1人で抱え込まないで相談しよう!

減圧症は発症(罹患)してしまった場合「本当に減圧症なのか?」判断が難しいことが多いと思います。

少しでも気になったり疑う症状があったりすれば直ぐに病院に行って高気圧酸素治療を受けることは分かっていても、

  • ガイドが気のせいだよって言ってるし。
  • 不安なのは考えすぎだからだよね。
  • 大事(おおごと)にしたくないし…
  • 少し様子を見てみようかな。

色んな気持ちが揺れ動いてしまうと受診するのをためらってしまいます。

僕もそうでした。

すると、治療開始が遅くなってしまうだけではなく、治療をせずに耐え忍んで終わらせてしまう最悪の結果を選択してしまうことになるかもしれません。

それだけは本当にダメ!!

辛い気持ち・不安・痛みに耐えてほしくなんかない!!

もし、お医者様に相談することが苦手だったり背負い込んでしまったりするのであれば、僕が変わりに専門医さんに問い合わせをして聞いてみることもできますので遠慮せずに連絡してくださいね。

自分の気持ちが楽になる方法を一緒に探していきましょう♪

復帰できたことで気づいたこと

減圧症などの潜水病になると辛く、復帰ダイビングの最中は、

本当に潜っても大丈夫なのか?
また再発してしまったらどうしよう?

と不安が押し寄せてかなり怖いです。

ダイビングをもう一度やりたい!と強く思う気持ちがないと復帰は難しいかも…

ですが、減圧症を実体験したことで、

減圧症になる前よりもダイビングの素晴らしい魅力を改めて実感することができました。

減圧症になって気付かされたこと

水中でボコボコと呼吸ができること
色とりどりの海藻類や生きもの達が作り出す海中世界の独特さ
生きもの達を一生懸命探すこと
見つけた生きもの達を観察すること など

挙げればキリが無い。
やっぱり僕はダイビングが大好き♪

減圧症になって学んだこと

潜水病(減圧症)の気持ちの変化(辛さ・怖さ)
体に感じる違和感や痛みなどの症状
治療の流れ など

知識だけではなく体験したことで、より詳しく、そして潜水病は身近に存在していることを実感しました。

なので、減圧症を発症(罹患)してしまった方や復帰に向けて動き出したいけど悩まれている方へ伝えたいことは、僕でご協力できることがあれば喜んでお手伝いさせて頂きますので遠慮なく声をかけてくださいね。

なぎさひろい連絡先情報

気になることがありましたら遠慮せずにDMなどで連絡くださいね。

問い合わせフォーム

問い合わせ

Twitter


@nagisahiroi

Instagram


@inokohiroyuki

LINE

問い合わせメールや各SNSから連絡いただければLINEアカウントをお伝えします。

YouTube

なぎさひろいチャンネル


人気ブログランキング

~ ウニからうみ遊びへ ~
  Uni to Umiasobi  

一緒にうみ遊びの旅をしよう♪
*ウニ好きガイド*が海中世界をご案内します。

ダイビング&スノーケリングなぎさひろい
いのこひろゆき

ダイビングが原因で減圧症になりました。発症後の気付きと学び

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる